地中熱とは

地中熱利用システム

地中熱(ちちゅうねつ)

地下100メートル前後の地中は常に15~16度の温度を保っています。火山地帯に限られる地熱発電とは異なり、季節 や環境に左右されない利用範囲の広いエネルギーとして注目されています。
また、日本の地中熱は、地中熱エネルギーの システム開発に30年以上の実績を持つスイスやドイツの地中熱よりも4~ 5度高く、エネルギー利用に適しています。

IEA(国際エネルギー機関)が再生可能エネルギーとして最も推薦しているのが
地中熱ヒートポンプ方式です

地中熱利用のメリット

  1. 地球温暖化を防止します。
  2. 電気代を大幅に削減出来ます。
  3. いつでもどこでも利用可能です。
  4. ヒートアイランド現象を抑制します。

地中熱ヒートポンプシステムの熱交換方法

地中熱利用システムご提案

自然エネルギー総合供給施設でエネルギーの地産地消のご提案をいたします。


農業と住環境がひとつになった未来の町づくりを可能にします。
地中熱エネルギーは費用対効果の高い集合住宅・大規模施設に有効です。

設計・施工・メンテナンス

総合ハウステクニックの設計・施工・メンテナンスをし、快適な住環境を創ります。
地中熱だけでなくそのほかのエネルギーや廃熱を自由に組み合わせて、 石油使用の施設をクリーンなエネルギーにかえることができます。

地中熱利用システムのコスト

イニシャルコストとランニングコストの比較 (温水プールの例 単位:千円)

エネルギーコストの比較

システム エネルギー 単価(円) 1MJ当り消費量 1MJ当り単価
(円/MJ)
1MJ当りCo2排出量
(kg・CO2/MJ)
地中熱
ヒートポンプ
電気 12円/kWh 0.081kWh/MJ 0.97 0.045
空冷
ヒートポンプ
電気 12円/kWh 0.11kWh/MJ 1.3 0.061
ボイラー 灯油 74円/L 0.034L/MJ 2.5 0.085
重油 73 円/L 0.033L/MJ 2.4 0.089
都市ガス 153円/Nm3 0.028Nm3/MJ 4.3 0.062
電気ヒーター 電気 12円/kWh 0.28kWh/MJ 3.4 0.16
備  考
   地球温暖化対策の推進に関する法律施行令によるCO2排出係数 
灯油 2.49 kgCO2/L 都市ガス 2.23kgCO2/Nm3 
A重油 2.71 kgCO2/L 電 力 0.555 kgCO2/kWh

 

Copyright © 2012- ミサワ環境技術株式会社. All Rights Reserved.