GLDとは

地中熱設計ソフト【GLD(Ground Loop Design)】

GLD(Ground Loop Design)は、2000年にミサワ環境技術(株)が開発し、2001年にアメリカのGaia Geothermal社から発売した地中熱システムの設計用ソフトウェアです。発売以降、世界の55カ国で地中熱の設計に使われています。
地盤や地中熱交換器の特性、および冷暖房の負荷を入力し、①必要な熱交換器の延長を計算する。②熱源水の温度を計算する。の2種類の計算ができます。

ソフトウェアの主な構成

ソフトウェアを構成する主なパネルは以下の通りです。

(1)負荷入力パネル

時間毎や月毎の冷暖房の負荷を入力します。

(2)計算パネル

その地域の地盤の特性(熱伝導率など)や地中熱交換器の特性(パイプのサイズや材質など)を入力し、上記の負荷パネルの入力値に対し、必要な熱交換器の延長や熱源水の予想温度を計算します。
地中熱交換器の種類に応じて、3つのモジュール(ボアホール、水平ループ、湖水熱)があります。

①ボアホール設計モジュール

垂直方向に埋設する地中熱交換器の設計を行います。

②水平ループ設計モジュール

水平方向に埋設する地中熱交換器の設計を行います。

出力例(熱源水温度の変化)

Copyright © 2012- ミサワ環境技術株式会社. All Rights Reserved.